文章の良し悪し

2月 25, 2014

中身のあるサイトが良いものとされています。

それには文章が伴っているということになりますが、
動画の場合にはそれのみでOKです。
ちょっとしたタイトルや説明は必要ですが、必ずしも
文章でなければならないというものではありません。

さて、良いサイトとされるものの多くは
タイトルに相応しい文章が書かれています。

つまり、答えとなることや情報が提供されているということで、
悪いものだとキーワードとして入れ込んだだけで
ちょっとだけ話しを持ちだして別の話を書くというスタイルです。
以前よく行われていたキーワードによるSEO対策がそうです。

そのようなサイトの多くは消えていっています。

自身が持てない記事を書く必要はありません。
あなたが得意とするジャンルじゃないのなら、
それがかける誰かに依頼をすればよいのです。

良い物を作り上げていくには誰かの手を借りても良い。

ということです。

閲覧者は誰が書いたのかということを問題とはしません。
肝心なのは中身なのです。

コメントは受け付けていません。

クリエイティブな仕事ですがやることは地味

7月 1, 2013

ホームページはネット上にアップされて初めて完成形を見ることができます。

その裏側は暗号のような文字でうめつくされており、
画像だって画像をそのままというわけではなく、こちらも暗号のようなもので成り立っています。
そうしないとアップできないのです。

やることは本当に地味。

クリエイティブな仕事とされていますが、全てが手作業といっても過言では有りません。
暗号と言ったものはHTMLなどですがその他にもネット言語というのはあります。

多くはHTMLで作れれていますが、PHPというのもあります。

どれがいいのかというと、楽に制作できるのはPHPではありますが、
基本となるものはHTMLだと思います。
それも全て使いこなせなければなりません。
覚えられればいいですが普段使わないものは辞書を片手に持ってやってもOKです。

暗号を用いてページを作成していく。
リンクを張る作業だって文字の装飾や大きさだってそれによって操作されています。

コメントは受け付けていません。

文章力を身につけられる効果的な方法

6月 9, 2013

ウェブサイトのすべてを一人でつくり上げるのは大変なことです。

ハード面が得意な方とソフト面が得意な方が居たら
それぞれに仕事を分担することができるのですが、
もしすべてを一人で造らなければならないというのなら、
苦手面を克服すべきです。

ウェブクリエイターなら文章が苦手というかもしれませんね。

もしあなた自身がそうなら、あなたのブログを毎日更新することと、
得意分野をサイトで紹介していくこと、しかも毎日更新し続けることです。

ハッキリ言ってめんどくさいです。
毎日なのですから。

でも慣れてくれば600文字程度の文章を書き上げるのに
5分位内でできるようになりますので時間はかかりません。

毎日続けることで文章力が身につきますし、
更新し続けているサイトにもアクセス数が増えます。
ファンが出来た時には自信がつくことでしょう。

多くの方は文章の作成が苦手だと言われていますが、
それは「書かないから」という理由だけなのです。

いやいやでもやっていれば慣れるものです。

コメントは受け付けていません。

総合的にマッチするかどうか

5月 15, 2013

サイトの完成度は、すべてのことがマッチしているかによると思います。

スタイリッシュなデザインなのに、文字が小さくて絵文字も多用に使われているのでは、どのようなサイト内容であるのかイメージすらわきません。これはただそう述べているのではなく、ヘッダーに何のサイトであるのか、どのような商品を扱っているのかわかるようになっていても、ネットユーザーたちはぱっと見でそのサイトが何であるかを見るということから来ています。

つまり細かく書かれた文字はあとに見るということなのです。

一目見た瞬間でマッチしていないとなると、文字を読み進めて理解するまでに時間がかかってしまいます。その時点で多少うんざりしてしまうのです。

デザインと使われている文字のバランス。画像も適当であるか。
最終確認として、トータルでまとまっているか確認をとってください。違和感を覚える所には何か問題があるはずですので、それを見つけ修正をし完成をさせてしまうのです。

コメントは受け付けていません。

文章はうまく書く必要はない

4月 21, 2013

しゃべることでも「下手だから」という理由からやらない人がいますが、
一生懸命さが伝わればそれでいいと思いませんか?

文章だって同じで下手だからといっても
何を言いたいのかが分かればそれでいいと思います。

最初はだれでも下手くそです。
でも伝えたいことさえはっきりさせておけば読むことはできます。

プロでも最初はできなかったはずですし書くことで慣れていき
たくさんの言葉を吸収しながら仕事としてやることができているのです。

作り方としてはまず、結論を書いてください。
箇条書きでいいでしょう。

これを使うことで便利になる
こんな点で悩みが解決する
悩みはこれではないですか?
安い価格で提供することができる

もしこれだけのことが立てられたのなら
それに対して肉付けをしていってください。

ホームページに掲載する形としては
何もそれらを組み合わせて文章として作っていく必要はありません。

あげられた題材に対しての肉付け文を下に付け加えればいいのです。

コメントは受け付けていません。

専門家に依頼した方がいい

3月 24, 2013

今や企業ではアウトソーシングが一般的となっていますので、ウェブクリエイターが請けた仕事でも分野に長けた在宅ワーカーに任せたり、専門業者に依頼することもいいと思います。

集客術ならSEOコンサルタントにまかせてしまうという感じになりますが、すべてのことを一社で行うのは大変です。それだけの人材が必要となりますので給与や福利厚生費の費用負担が増えるからです。

ポイントで仕事をアウトソーシングできれば、費用過多で経営が危なくなることはありません。パートさんを雇うにしても仕事がある時だけ出勤してくださいという雇用体制だと人材がうまく確保できず、仕事ができない人が居た時、かなり慌ててしまうのです。

アウトソーシングする先はプロに任せましょう。仕事として請けるわけですので、パートさんとは違います。本業だって副業だって在宅で仕事が出来ればありがたいという専門家にお任せしてしまうのです。賢く経営したほうが長く続きます。

コメントは受け付けていません。

本当の情報か調べる

3月 20, 2013

ライターに依頼したコンテンツや文章に誤りがあるかどうか、チェックするのも大切なことですが、これは選定するライターがどのようにして記事を書きげていくのかを予め知っておくことで回避できることです。

プロとしてお願いするわけですので、そのへんの説明はしないでも大丈夫なんて過信しないことで、面倒でも今回はこのような記事依頼があったのでということで、細かな説明をしておいてください。特に薬事法についての注意書き、記事の使い回しをしないこと、他サイトからの盗用は厳しく話しておくことです。

アップ仕立ての頃はサイトとしても目立たないので問題は出にくいですが、SEO対策をしてたくさんの方が訪れるようになった時、だれかがそれを指摘してくることもあります。商品としては納品して完成となってはいますが、信頼度が落ちて将来の仕事の数にも影響を及ぼす可能性もあるのです。

ネットの怖い部分は、嘘の情報も本当のことのように広まってしまう所にあります。

コメントは受け付けていません。

外注スタッフのコーディネート

2月 24, 2013

ウェブクリエイターとしてたくさんの仕事依頼が舞い込むと、
外注スタッフを雇用しなければ仕事がこなせなくなります。

通いのスタッフさんを一時的に雇用する場合ならまだいいですが、
外注スタッフとして遠方の方に仕事を依頼するとき、
コーディネートは少なからず必要となってきます。

打ち合わせは必須です。

間違えた捉え方で仕事をされた場合やり直しに時間がかかりますし、
納期に合わせられない場合は催促をしなければなりません。

数人の外注スタッフに依頼をする時、
誰にこの部分を任せているのかを把握する。
進捗状況を確認する。
それらの前には割り振り作業をして説明や打ち合わせをしていく。

全てが完成するまで、コーディネートしたとおりにことが運んでいるか
何度かチェックを入れなければならないのです。

眼の前にいるスタッフなら常にチェックすることができますが、
ネットを介しての仕事は遠隔でも行えるメリットもありますが、
それを取りまとめしなければならないというデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。

基本となるページから作っていく

1月 27, 2013

ホームページ製作依頼が来たらまず最初に行いたいのが、基本となるページを作ることです。

基本となるページというのは、会社概要や商品の発送や注文方法及び返品と保証に関することとなります。必要最低限掲載しなければならないページとなります。このページを作るには依頼主から提供される情報で制作していけるため比較的短期間で仕上がります。

ほかには肝心なトップページ、依頼主が掲載したいかもしれないものとしては経歴と自己紹介などなど。

これらが決まってきたら、実際のお客様がからよくある問合わせのページを作りましょう。それをしている段階で商品画像を撮影してもらうことと商品詳細情報を依頼主に集めておくことをお願いします。もし商品画像が使いものにならない場合は撮影まで依頼される可能性もありますが、その場合はプロの手に任せるほうが無難かと思います。写真撮影まではウェブクリエイターの仕事ではありませんしそこまでする必要はありません。

コメントは受け付けていません。

総合的に仕事がこなせるように

12月 9, 2012

ホームページ制作に関する業務に関して総合的に仕事が出来るのが
ウェブクリエイターだと思いますが、
どのような仕事をするのかわからないスタッフに割り振りするのは危険だと思います。

ウェブの仕事ではどこまでやってきたか、
どこまで任せられるのかわからないのです。

ラインがないと言ったらいいのでしょうが、
ウェブクリエイターによっては簡単な作業しかさせなかったり、
信頼して深く入り組んだ仕事をさせることもあります。

コーディングひとつとっても文字を支持されたとおりに
タグで囲っていく仕事をしていた方と
どれを強調したらいいのか把握できる人とは
指導に当たる時間が違います。

ですので総合的に仕事がこなせるまでには
スタッフの力量もみなければなりません。

コメントは受け付けていません。